貸し会議室の利用目的

「貸し会議室」は会議だけに使用する目的で設置されているのではありません。
表現が少し極端になりますが、個々の貸し会議室の運営会社や組織が禁止していること以外であれば
どのようなことにでも利用できます。
最低限のルールとマナーを守って他者や周辺に迷惑がかからないようにさえすれば、
どのような目的にでも利用できるのです。
 

 

しかし貸し会議室の運営母体が自治体や公共団体の場合には、
「アルコールが提供される」「楽器などで大きな音を出す」
「入場料や参加費を徴収する」「商品販売をする」といったイベントなどには貸し出さないケースが多いようです。
それに対して民間企業や団体が運営母体の貸し会議室は利用制限や禁止事項がほとんどないうえに、
運営母体ごとに特定目的に焦点を当てた特徴のある会議室を備えています。

 

例えば運営母体が「研修企業」の場合は研修会に使用する設備が完備していますし、
「ホテル」の場合は飲食・宿泊などの付帯サービスが充実しているうえに高級感もあります。
また「貸し会議室専門業者」の場合は、小会議室から大会議室まで種類が豊富で料金がリーズナブルです。

 

こうしたことから近頃の貸し会議室は、数えあげれば限がないほどさまざまな目的で利用されています。
一般的には社内ミーティング・社内会議・商談・社内研修・就職説明会・採用試験・株主総会などが多いのですが、
近年はサークル活動・稽古ごと・懇親会・宴会・パーティ・展示会場・ギャラリーのほか謝罪会見などにまで利用されているのです。

 

貸し会議室はこれだけ汎用性が高いのですからあなた自身のアイディアで、
単にビジネスシーンにこだわることなく貸し会議室の利用を考えたいものです。

貸し会議室を利用するメリット

貸し会議室を利用するメリットには、どのようなことがあるのでしょう。
代表的なものとして一般的に言われているのは次のとおりです。

 

 

1つ目は「コスト削減につながること」です。
近年、フル活用されることの少ない会議室や研修室などを整理して執務スペースに変更する企業が多数あります。
そのことで、会議や内部研修などで会議室が必要な時だけ貸し会議室を利用する傾向があるのです。
使用頻度の低いスペースは維持管理費だけがかさむのですから、
貸し会議室利用はコスト削減につながる取組みといえるでしょう。

 

2つ目は「会議や研修などに必要な備品のすべて備わっていること」です。
貸し会議室には会議や研修などの際に必要な備品はすべて揃っています
(万一不足する備品は、利用当日までに揃えてくれます)。
また照明や空調なども使用目的や参加人数を考慮して対応してくれるので安心です。

 

3つ目は「人数に応じた面積で、しかも自由にレイアウトできる会議室を選べること」です。
貸し会議室会社には少人数から大人数まで対応できるようさまざまな広さの会議室が準備されていますので、
そのことで無駄なく会議室を選べます。
また会議室内のレイアウトは利用者の希望によって変更してくれます。

 

4つ目は「アクセスの良い立地や好環境な場所にあること」です。
貸し会議室の多くのはアクセスの良い場所にあることから、
遠方からのゲストにとっても利便性が高く日帰りでの参加も可能になります。
 
また近頃はリゾート型とも呼ぶべき貸し会議室も登場しており、
絶好の環境の中でセミナーや研修などに使用されています。

更新履歴